「ゴミイチお散歩同好会結成、会員募集開始!」

ボクのサイトを見てる方(何人いるか分りませんが)に聞いてほしいお話&お願いがあります。
2004年8月からボクは自分の住んでいる街の道に落ちているゴミを拾っています。
週1回・・いや半月に1回・・・月1回程度のペースで・・・結構サボってますが(笑。
出来る範囲で、気の向いた時に「お散歩」を兼ねてやってます。
でも、当然のことながら「ゴミ」は減りません。拾っても、同じだけ捨てられます。
そこで今回、ここを読んでる皆さんに「ご提案・お願い」があります。

(お願い)
「ゴミイチお散歩同好会を結成します。参加いただけるメンバーを募集します」
「ゴミイチお散歩同好会とは、自分が住んでる街の道に捨ててあるゴミをひとつ拾うという同好会です。」
もし、これを読んで興味を持ったなら、気が向いたなら「ひとつでいい」道端に落ちているゴミを拾ってゴミ箱に捨ててくれませんか?
あなたの住んでる街の道のゴミを・・・野外ライブやイベントに参加したとき周囲に落ちているゴミを。ひとつでイイから。
あくまで気の向いた時でいいです、吸殻ひとつ、空き缶ひとつでイイ、毎日する必要なんてないです。
あるいは・・・煙草の吸殻、空き缶・・道に捨てるのをやめてもらうだけでイイ、それだけでイイです。

また、この企画に参加・賛同する場合も「ながわ」に「賛同・参加」を表明していただく必要はありません。
ゴミ拾いの状況について「報告」も不要です。あくまで自由に、好きなときにしていただければ結構です。



(趣旨のご説明)
上に書いている様に2年前から、ボクは月2度程度、休日を利用して自宅の周囲の道のゴミを拾っています。
ゴミ拾いを始めたきっかけは「Cocco」。
彼女が2003年8月15日に行った「ゴミゼロ大作戦」というライブのビデオを見た事です。
Coccoは沖縄の海がゴミで汚れているのを悲しみ怒り、独りでゴミ拾いの活動をしていました。
それをさらに広げ「もし唄が届いたらひとつでもいい、海に落ちているゴミを拾ってほしい」と200人の子供たちと歌いました。

このときの活動について、Coccoはビデオや雑誌の中でこう語っています。

 「ヒトを動かすには先ず自分が走らないと、100周走っているのを見たら一緒に走るヒトが出てくるかも知れない」
 「わたしに何が出来るだろうと思いました。」
 「環境美化?エコロジー?平和運動?糞くらえ頭でっかち。てめぇの地元も守れないで何ができる。」
 「この衝動は愛だ。理屈は要らん。御託を並べて待ってる間に人生は終っちまう。ざまぁ見ろ。」

Coccoのコトバに触れて、「何かしたくて」ゴミを拾うようになりました。活動をはじめた動機は自分でもよく分ってません。

「エコロジー」とか「住んでる街をキレイにしよう」・・ってのは違う、絶対違います。
あるいは「世の中をよくしたい」とか、そんな大それたキモチもありません。
むしろ・・・「イイおとなが最低限のマナーを守れなくてどうする?」・・そんなキモチからはじめました。
東京で歩いてると、ゴミを平気で捨てるおとな(ボクより上の世代・同世代)が多いです。
そして・・子供の通る通学路で平気で「歩きタバコ」するヒトもよく見かけます。

ボクもマナー違反よくします。他人を非難する資格はない。でも・・・それでも云いたい、いや思いたい。
「いいおとなが最低限のマナーは守ろうぜ」「あなた(オレ)が気楽に捨てたゴミを別の誰かが掃除してるんだよ」
「オレやあんたのマナーの悪さが町を汚してるんだ」「てめぇ(オレ)の足もとのゴミもすこし気にしようよ」って。

何かしてみたい、してみよう。そう思いました。自分でもゴミを拾ってみよう。
Coccoのマネでいい。この衝動にしたがって「行動」してみよう。
いままでも自分で何もしないで「社会」だの「他人」だのを批判してきた。それはサイテ−だ。何もしないで文句いうのはもうウンザリだ。
自分が手を汚さないで、他人に物申せるか?自分が傷つかないで他人が動かせるか?何かしたいなら先ず自分が動け。すべてはそっからだ。
・・それがゴミ拾いを始めたきっかけでした。
まぁボクの動機なんかはどうでもイインですが^^;・・・

月に1、2度程度。休日を使ったホンの1キロメートル・1時間程度の「お散歩」。
火バサミとコンビニのビニール袋を使ってのゴミ拾い。やってみてあらためてゴミの多さに気付きました。
タバコの吸殻(圧倒的に多い!!!!)空き缶・ペットボトル・ガムの銀紙。僅かな距離と時間なのに、袋はイッパイになります。
そして・・・拾った先から、誰かがタバコの吸殻を、空き缶を捨てていきます。なんかガッカリします。

元々「ゴミゼロなんてムリ」「マナーを守らない人の方が多い」・・そんなことは分っていました。
でも、拾った先から増えていくゴミを見てると空しくなります。たかが一人でゴミを拾ってても何も変わらない。改めてその現実がわかりました。
だからといって同じマンションの住人を誘ったり、町内会に参加して提案・・・そういうのは苦手。あくまで個人レベルの活動。
すこしづつ・・・「お散歩」に出るのが苦痛になってきました。何も変わらないのに、やる意味あるのか?
・・・・今のままじゃ何の広がりもない。このままじゃ惰性でやってるだけ。

何か・・もうすこし「ひろげる」ことは出来ないか?「続ける・頑張れる」モチベーションがほしい。そう考えるようになりました。
でも、ボクにはCoccoの唄のように他人に訴える「武器」はない。
「武器」は・・・ありました。・・・・ボクはHPを持ってます。人に「見せる」場を持ってます。これは「武器」じゃないか?
そこで自分のHPで「参加者を募ってみること」を考えました。もし、気が向いたら是非参加してください。
ただ・・・上にも書いていますが「参加表明」も「報告」も不要です。
ボクのHPを読んだ誰かが・・もしかしたら、現在(いま)この瞬間どこかでゴミを拾っているかも・・そう思えるだけでイインです。
そう思えたら頑張れる。まして皆さんにお願いした自分が「散歩」をサボるワケにはいかなくなる(笑。

単なる自己満足です。無視してもらってイイ。でも、もし届くなら叫んでみたい。動いてくれるヒトがいるかもしれない。
だから・・・この場所で叫んでみます。

ここに宣言します。「ゴミイチお散歩同好会結成!会員随時募集。でも届出不要」。
ふるってのご参加をお待ちしています。
(注)1.この提案は「強制」じゃありませんので、「参加表明」「回答」「報告」不要です。興味ない方は無視してください。
   2.拾ったゴミの分別は各都道府県の条例を守ってください。
   3.あくまで「ゴミを拾う」ことの提案です。「ゴミを捨てる人への注意」は不要です。
     トラブルに巻き込まれるのは馬鹿馬鹿しいです。ムリはしないでください。
   4.実施する人、仕事も家庭も友人付き合いもあります。義務や責任はありません。気の向いたとき「出来る範囲」で結構です。
     3日坊主大歓迎です。継続する必要もありません。

(ご参考)
Coccoの「ゴミゼロ大作戦」についてはこのDVDをご覧下さい(ボクはCoccoの手先ではありません、ファンです笑)
  http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0000V4KVE/250-2456277-8549869?v=glance&n=561958

TOP